周りにスポンジがありこれがもの凄く汚かった スポンジの下がこれ。ドライブプーリーと言う所
替えたばっかりのエアクリ。周りは汚れまくりです。 こんな感じでーす。明るいときにまた撮りたいです。

 頼んでいたプーリーカバー達が来ました。箱でもらい受けると・・・「すげぇ軽い」ってな感じでした。家に帰ってから作業に移るのですが、ハコ開けてΣ(゚Д゚;エーッ! ・・・といった感じで驚いた2人です。てっきり今あるカバーを付け替えると思ってたんですよ単純に。しかしハコから出てきたのは裏に両面テープの付いたカバーだった。要するにエアロパーツみたいな感覚です。今あるカバーにくっつけるだけのメッキカバーでした。マジ驚きです。メカマンが言うにはHPでも「ABS製クロームメッキ仕上げ」ってあるから想像付いたとのこと。でもこれで3万6千も出したのかと考えるとだんだん切なくなってきました。
 気を取り直して作業です。付いてるカバー3点を外して表面を綺麗にします。カバー開けると中は凄く汚れていた。途中にスポンジがあるのだがものすごく汚れている。犬の毛や人の毛までもキャッチしてるのだ。綺麗に綺麗にしてからメッキカバーを貼り付ける。いたって簡単だった。自分がやったわけでないので客観的に見て・・・ (。・x・)ゝ    
 貼り付けたらバイクにカバーを付けておしまい。時間的に1時間で出来ました。このカバーを付けることによってネオンが少し栄えると思ったが、ネオンの位置がまだ奥なので少し変わっただけ。近々ネオンの位置を手前に持ってこようと思う。